劇団、本谷有希子とは

劇団、本谷有希子

00年9月、本谷有希子を主宰として旗揚げ。専属の俳優を持たない「プロデュース・ユニット」として活動を開始する。妄想過多な人間を軸に、独特の劇世界を展開する。07年、『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を受賞。09年、『幸せ最高ありがとうマジで!』で第53回岸田國士戯曲賞を受賞。本谷特有の「価値観」で切り出される切実で濃密な物語で、幅広い観客層にアピールしている。

劇団キャラクター・あいにくちゃん

pic_ainiku片方は愛、片方は憎しみを象徴しているが体は離れず一心同体。本谷がグロポップを意識してイメージした双子の子供。

ご連絡先

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-8-8新宿OTビル7F
(株)ヴィレッヂ 内 劇団、本谷有希子 担当 寺本
MAIL: gekidan@motoyayukiko.com
TEL: 03-5361-3027 (平日12 :00~19:00)

本谷有希子

1979 年、石川県出身。劇団、本谷有希子主宰。高校卒業後、大人計画『ふくすけ』、宮沢章夫監修『alt.4』、ヴィレッヂプロデュース『1989』に出演。庵野秀明監督のアニメ『彼氏彼女の事情』に沢田亜弥役の声優として参加。

00年9月、劇団、本谷有希子を旗揚げ。主宰として作・演出を手掛ける。07年、『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を最年少で受賞。09年には『幸せ最高ありがとうマジで!』で第53回岸田國士戯曲賞を受賞した。小説家としても活動し、2011年、『ぬるい毒』』(新潮社)で第33回野間文芸新人賞を受賞。2013年、『嵐のピクニック』(講談社)で第7回大江健三郎賞、2014年には『自分を好きになる方法』(講談社)にて第27回三島由紀夫賞を受賞。2016年、『異類婚姻譚』(講談社)で第154回芥川龍之介賞を受賞した。

サイトに関する事項

劇団、本谷有希子サイトポリシーをご参照の上、サイトをご利用ください。

トップヘ戻る